製作する方法

はっぴはお祭りなどで定番の服装です。祭りの時期になると至るところで売られますが、ミシンを使って自分で仕立てることもできます。だいたい、大人用で90cm幅の生地が約2.5mほど必要です。大まかな作り方は、まず、生地を身ごろと襟、右袖、左袖に切り分けます。縫い代は3cmくらいあれば大丈夫でしょう。はっぴの製作手順は人によって様々ですが、切り落とした部分にロックミシンをかけ、袖口を三つ折りにして縫った後、身ごろと袖、襟を縫い付けて、裾を三つ折りにすれば完成です。まっすぐ縫う作業ですので、比較的簡単です。

法被(はっぴ)の縫製の仕方について

はっぴの縫製や仕立てには、普通の服とは違う仕立てがあります。

例えば、はっぴ袖の仕立てには、通常の他に、袖なし、飾り袖といって、少しだけ袖を付ける場合や、
袖付と袖口の長さを同じにして仕立てる「平袖」や、袖口をつぼめて仕立てる「鉄砲袖」などがあります。

袖の脇部分にも、種類があります。
通常のストレートに縫うものと、アール型といって、湾曲に塗って仕上げるものがあります。

襟や裾にも、襟ハタキといわれる、襟の上からステッチをして、襟元を丈夫にしたり、襟おとしという
襟と見頃のきわを縫う方法もあります。
この場合、襟裾はステッチせずに、内縫いをします。

背中も、二枚の小巾記事を背の中心で継ぐ仕立て方や、背つまみという広巾生地を
背の中心でつまんで継ぐ仕立てもあります。

はっぴの作り方

<はっぴの作り方>
用意するもの
・好きな布(襟部分とその他と2種類あるとよい)
襟部分14cm×142cm、その他用90cm×200cm
・布きりばさみ
・ミシン(手縫いでも可)
・アイロン
まずその他用の布からはっぴの胴体部分2枚(32cm×122cm)、袖部分2枚(32cm×42cm)を切り取ります。
はっぴの胴体部分はそれぞれ半分におって、輪になる部分に片側のみ9cmの切り込みをいれます(襟がつく部分)
襟部分は細長くなるように半分におり、縫い代部分1cmもあわせてアイロンでおり目をつけます。
はっぴの胴体部分、袖部分も縫い代分各1cmのおり目をアイロンでつけます。
1、胴体部分2枚の裾処理後、後ろ身頃部分を縫い合わせます。
2、襟を、襟首部分に縫い付け、その後前身頃部分(切り込み9cmにあわせて)に縫い付けます。
襟布、前身頃の両方表をくっつけるようにし、縫った後、襟布で前身頃の切り込み部分を包み込むように前身頃の裏側で今度は襟の縫い代を内側に織り込んで襟布の表面から縫います。
3、袖口部分の裾処理後、胴体部分に縫い付けます。
4、袖部分を縫い合わせた後、胴体部分(脇)を縫い合わせます。
以上で簡単なはっぴの作り方は終了です。